構造技術で社会をデザインする ~産学連携のジレンマ~

15:45~16:30
東京理科大学 工学部 建築学科 教授
髙𣘺 治 氏
E会場
https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?13ec

略歴

1989年に東京理科大学卒業後、1991年に東京理科大学大学院修了、1991年~2015年まで㈱構造計画研究所で主に建築物・工作物の構造設計・監理経験を積んだ、教授(2006年 論文博士)が、2015年4月に研究室を発足。現在は東京理科大学発ベンチャー企業、株式会社サイエンス構造を牽引し、難易度の高い建築の大臣認定取得などで活躍。地震に強い建築構造設計や、建築物の災害時の破損予測などで社会貢献を実践。

内容

講演者は、長らく設計事務所で実務者として構造設計や研究開発に携わった後(1991~2015年)、2015年4月から母校の東京理科大学の教授となった。所属した構造計画研究所では、創設者・服部正博士の創業の理念に夢と使命感をもって構造設計に取り組んでこられた。「社会のいかなる問題にも対処できるよう総合的なバラエティに富んだ専門家を集めた工学を生業とした組織をつくりたい」構造計画研究所では、いち早く構造設計にコンピュータを導入し、設計者を構造計算の労力から解放し、創造的な設計ができるように取り組んできたという。現在は、教育者として産業界と学界の領域で活動する人材を育成していきたい。構造技術で出来ることを講演したい。