近年の豪雨災害に見られる極端気象の実態と備え

13:00〜13:45
京都大学 防災研究所 教授
竹見 哲也 氏
B会場
http://ssae.dpri.kyoto-u.ac.jp/takemi

略歴

1999年3月、京都大学大学院理学研究科博士課程修了、博士(理学)号取得。1999年4月から大阪大学助手、2004年5月から東京工業大学講師、2007年3月から京都大学防災研究所准教授、2021年4月から同研究所教授となり、現在に至る。専門分野は、気象学、気象災害、台風や暴風雨現象、気候変動影響評価、大気環境解析。

内容

近年、平成30年7月豪雨、令和元年東日本台風による豪雨、令和2年7月豪雨など、全国の各地で記録的な豪雨が発生し、大規模な水災害や土砂災害が発生しました。このような豪雨災害はどのようにして起こったのか、何が特異だったのか、さらに気候変動の影響でこういった豪雨災害はどのように変わりゆくのか、といったことなど、豪雨の実態とそれに対する備えについてお話します。