洪水、高潮、津波避難問題と災害文化・幸福感

10:45〜11:30
関西大学 社会安全学部 特別任命教授・社会安全研究センター長
河田 惠昭 氏
A会場

略歴

関西大学社会安全学部・特別任命教授(チェアプロフェッサー)・社会安全研究センター長。工学博士。専門は防災・減災・縮災。現在、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長(兼務)のほか、京大防災研究所長を歴任。京都大学名誉教授。2007年国連SASAKAWA防災賞、09年防災功労者内閣総理大臣表彰、10年兵庫県社会賞受賞、14年兵庫県功労者表彰、16年土木学会功績賞、17年アカデミア賞、18年神戸新聞平和賞受賞。現在、中央防災会議防災対策実行会議委員。日本自然災害学会および日本災害情報学会会長を歴任。

内容

情報科学が日進月歩時代に入っても、避難勧告や避難指示に従う住民の数は、減る一方である。これは住民が悪いのか?どうもそうではないらしい。現在実施中の社会科学的な研究は的外れかもしれない。この問題は文化心理学の観点から取り組まないといけないことに気づいたので、この防災研究最前線を紹介する。