日米のCOVID-19対応にみる危機管理の相違

17:00〜17:45
公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター 研究部 研究員
伊藤 潤 氏
E会場

略歴

名古屋大学大学院法学研究科博士課程修了(博士[法学])。名古屋大学大学院法学研究科研究員などを経て現職。
専攻:政治学、専門テーマ:安全保障・危機管理制度の比較研究。

内容

新型コロナウィルスによるパンデミックという未曾有の「災害」の中で、各国の危機管理体制の相違が浮き彫りになっている。
「常態への復帰」という点で、なぜ日・米の間で格差が生じたのか?
両国の危機管理に関する法制度の違いからその要因を探り、All-hazards型危機管理の在り方を再考する。