“食”にスポットを当てて防災訓練をより楽しく、より身近に、より自分ごとに

10:45〜11:30
一般財団法人 大阪市コミュニティ協会 都市コミュニティ研究室 主任研究員(研究室長補佐)
出水 季治 氏
E会場
https://www.clab.company/

略歴

一般財団法人大阪市コミュニティ協会で地域活動の中間支援組織まちづくりセンターアドバイザーを務める傍ら、シンクタンク部門である都市コミュニティ研究室にて年代・性別を超えてすべての人に関係のある防災を切り口にコミュニティ作りを研究。「楽しみながら、しっかり学ぶ」をモットーに、新しいカタチの防災訓練・防災講座を提案・実施している。プライベートでは、妻、息子(中2)とともに家族全員が防災士として活動中。

内容

地域防災の基本は「自助・共助」であると言われています。しかし、本来もっとも身近であるべき防災訓練はどこか遠い存在になっていないでしょうか。防災訓練をより楽しく、より身近に、より自分ごとに感じられるものにするため、人が生きていくうえでかかせない“食”にスポットを当て取り組んできた事例をお伝えします。