和歌山県の南海トラフ地震に対する取り組みについて

13:00〜13:45
和歌山県 危機管理局 災害対策課 課長
片家 康裕 氏
B会場

略歴

平成 4年 4月   和歌山県庁技術吏員(土木職)に採用
平成28年 4月~ 和歌山県危機管理局防災企画課 課長補佐
令和 3年 4月~ 現職
(その他)
平成25年 3月~ 和歌山大学 災害科学レジリエンス共創センター 客員准教授

内容

和歌山県の津波対策は、犠牲者を減らすのではなく「犠牲者をゼロにする。」という強い意志と覚悟をしっかりと県民に発信しています。その上で、地域に応じたハード、ソフトを有機的に組み合わせるとともに、先例にとらわれない先駆的な取り組みが行われています。本セミナーでは、こうした取り組みについてご紹介いたします。