自然災害をカバーする保険の仕組みと活用方法

13:35〜14:20
関西大学 社会安全学部 准教授
桑名 謹三 氏
C会場
http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_ss/staff/k_kuwana.html

略歴

1986年に東京大学工学部船舶工学科を卒業後、日本火災海上保険(現損害保険ジャパン日本興亜社)で、技術保険などの企業向けの保険のアンダーライティング業務および再保険業務に従事。同社を2002年に退社後、2008年に上智大学地球環境学研究科地球環境学専攻にて博士(環境学)を取得。

内容

自然災害による被害からの原状回復のために有用な保険(自然災害をカバーする保険)は多岐にわたっている。それらの保険の仕組みと限界について解説を行う。また、これまでは自然災害が発生した後の事後的な措置としてのみ認識されてきた保険が、事前対策としても有用な機能を持ちうることについても解説をおこなう。