職場における熱中症予防と感染症予防について

12:30〜13:15
中央労働災害防止協会 近畿安全衛生サービスセンター 衛生管理士
大柴 聡 氏
E会場
https://www.jisha.or.jp/kinki/index.html

略歴

中央労働災害防止協会(略称:中災防)管理士として、製造業の事業場や小売業における店舗、社会福祉施設などにおいて安全衛生診断を行うほか、安全衛生研修会(熱中症予防対策セミナー、衛生工学衛生管理者講習、化学物質管理研修など)や法定技能講習等の講師、各種労働安全衛生教育に携わる。【労働衛生コンサルタント(保健衛生)】
※安全衛生診断・・・職場の安全衛生管理の状況、生産設備・工程や作業方法の問題点を明らかにし、 改善に必要なアドバイスを行う事業

内容

職場における熱中症で亡くなる人は、毎年全国で10人以上にのぼり、4日以上仕事を休む人は、400人を超えています。中災防では、国と連携し「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を展開するなど、職場での熱中症予防のための重点的な取組を進めています。
熱中症は、気象条件、働く環境、個人の体調など日比刻々変化する環境、実態に合わせた対応方法など基本的対策を解説します。また、感染症予防対策については、新型コロナウイルスやインフルエンザなど職場等における感染症対策の具体的予防方法について解説します。