激甚化する自然災害に対するJR西日本の取り組み

15:15〜16:00
西日本旅客鉄道株式会社 構造技術室 室長
村田 一郎 氏
C会場

略歴

1989年西日本旅客鉄道(株)入社、2002年広島支社小郡土木技術センター所長、2009年新幹線管理本部施設課長、2011年鉄道本部施設部担当部長兼土木課長などの構造物の維持管理部門を歴任し、2018年より現職、2014年京都大学にて博士取得

内容

本講演では、近年の激甚化する自然災害のうち豪雨及び地震を対象として、JR西日本において実施しているレジリエンス向上の取り組みについて説明する。主たる内容としては、豪雨、地震に対する構造物の耐力向上等の取り組み事例ならびに異常気象等が観測された場合の列車の運行停止等に加え、計画運休についても言及する。