令和元年東日本台風(台風19号)に見られる近年の豪雨災害の特徴

16:30〜17:15
京都大学 防災研究所 准教授
竹見哲也 氏
B会場
http://ssrs.dpri.kyoto-u.ac.jp/takemi/

略歴

1999年3月、京都大学大学院理学研究科博士課程修了、博士(理学)号取得。1999年4月から大阪大学助手、2004年5月から東京工業大学講師、2007年3月から京都大学防災研究所准教授となり、現在に至る。専門分野は、気象学、気象災害、台風や暴風雨現象、気候変動影響評価、大気環境解析。

内容

令和元年東日本台風(台風19号)は、箱根での日雨量がこれまでの全国記録を更新するなど、記録的な豪雨により東日本の広域で水災害が生じました。このような豪雨災害はどのようにして起こったのか、近年の豪雨災害と比べてどのような特徴があったのか、さらに気候変動の影響でこういった豪雨災害はどのように変わりゆくのか、といったことをお話します。